FC2ブログ
2018_12
15
(Sat)13:51

Merry Christmas! 



じつはエルビスのファンではないのですが...
この歌のイメージにはぴったりで、一番歌の心に触れていると思います。

みなさま、ステキなクリスマスをお過ごしください。

moonbeam
2018_12
14
(Fri)13:08

ワラタ(肉体面) 

 依存症。

 貧血。

 拒食症。

 大動脈。

 背中一般。

 白内障。

 鬱病。

 電磁放射線(+フッシュフュージャ、クロウィア、フリンジッドバイオレット、ポウポウ、ムラムラ)。

 心臓。

 心臓麻痺の後。

 心臓弁の心室。

 筋ジストロフィー。

 臓器移植の拒絶反応を防ぐ。

 動悸。

 肺炎。

 猫背。

 自殺願望。

 結核。

 消耗性疾患。

waratah 3

2018_12
13
(Thu)09:54

タキーブッシュ(肉体面) 

 不妊症。

 喉。

 子宮。

 尋常性白斑。

turkey bush 2
2018_12
12
(Wed)14:11

トールイエロートップ(肉体面) 

 痛み。

 喘息。

 頚椎。

 腰椎。

 仙骨、腸骨。

 尾骨。

 呼吸。

 顎。

 難聴。

 欝。

 椎間板。

 失読症。

 筋肉の攣れ。

 首。

 骨粗鬆症。

 脊柱側弯症。

 脊髄。

tyt 2
2018_12
10
(Mon)14:42

トールムラムラ(肉体面) 

 アレルギー。
 動脈。
 動脈硬化症。
 関節炎(+サンデュー)。
 喘息。
 はげ。
 低血圧症。
 頭脳の働きを良くする。
 呼吸器(+サンデュー)。
 皮下脂肪。
 霜焼け(+ムラムラ)。
 血行を良くする。
 手足の冷え。
 筋肉のつり(ブラックアイドスーザン)、ボトルブラシ、クロウィア、グレースパイダーフラワー)。
 ふけ。
 横隔膜。
 大腸憩室炎。
 肺気腫(+クロウィア、サンデュー)。
 毛包の感染(+スピニフェックス)。
 心臓。
 関節。
 肺(+サンデュー)。
 乗り物酔い(+スピニフェックス)。
 鼻詰まり(+クロウィア)。
 組織の酸素化。
 強皮症。
 息切れ。
 睡眠時無呼吸(+サンデュー)。
 血栓症。
 皮膚潰瘍。
 静脈瘤。
 静脈。
 静脈血栓症。

tmm 2




2018_12
07
(Fri)20:59

サンシャインワトル(肉体面) 

 背中一般。
 腰椎。
 仙骨、腸骨。
 呼吸器。
 白内障。
 慢性疾患。
 結膜炎。
 糖尿病(+ピーチフラワードティーツリー)。
 エネルギー不足。
 目。
 足。
 五十肩。
 腰。
 長患い。
 脚。
 肝臓。
 猫背。
 肩。
 血栓症。
 深部静脈。
 結核。
 静脈血栓症。

sunshine wattle 2
2018_12
06
(Thu)16:36

サンデュー(肉体面) 

 頭の怪我。
 にきび。
 注意欠如多動性障害。
 アルツァイマー。
 記憶喪失。
 麻酔の後(+エンジェルソード、フリンジッドバイオレット、マクロカーパ)。
 自閉症。
 失神。
 頭脳の損傷。
 昏睡。
 見当識障害。
 呼吸器(+トールムラムラ)。
 幻覚。
 失読症。
 癲癇。
 卒倒。
 足。
 指の痛み。
 手。
 腰。
 活発性過度。
 脚。
 頭がふらふら(+ブッシュフュージャ)。
 精神遅滞。
 老衰。
 睡眠時無呼吸(+トールムラムラ)。
 睡眠が必要。
 テレビなどの見すぎでぼーっとした時。
 歯。
 急性トラウマ。

sundew 2

2018_12
05
(Wed)18:31

ワラタ・愛、勇気、希望、そして信じる 

ワラタはABFEの花の中で一番大きな花です。

背は3~4メートルまでも伸び、その天辺に真紅の花を咲かせます。
花の大きさは直径12センチぐらいです。

大きさも一番なら、エネルギーの量も最大ではないかと思います。

私がブッシュの中でワラタに出会ったとき、あたり一面にその花の放つエネルギーが漂って、酔ってしまうような感覚を覚えました。
まるで神ほどの大きなエネルギーの存在が、そこにたたずんでいるような感じでした。

花からこのようなことを感じたのはその一度だけで、できることならもう一度味わってみたいと思います。

ヨーロッパからやって来たオーストラリアの初期の開拓者たちは、荒れた土地で厳しい天候と闘いながらも、我慢強く負けずに生き延びてきました。

そんな人々にブッシュの中のワラタは、その美しさと大きな愛のエネルギーで、励まし続けてきたことでしょう。

ワラタとは、アボリジニーの言葉でまさに“美しい”という意味なのです。

ワラタの花は、たくさんの小さな花が集まって球形を作っています。
そして花と同色の包葉(蕾を包んでいた葉)が、その花を持ち上げて支えるように見えます。

たくさんの人間が集まったこの世界を、まるで神の手が支え護っていることを表しているようです。

神は地球だけではなく、人間には諮り知ることのできない莫大な宇宙を作ったのです。
神の意図とは、自分の作ったものを調和させることではないかと思います。

調和とは、全てが一つの方向に向いて何の乱れもなく存在することです。
そんな調和に達するには多くの年月がかかることでしょう。

でもその調和を目指して私たちは創られ、進化をたどっているのです。

人間が調和した世界を作るには、私たち一人ひとりが、誰もがみな調和した存在にならなければならないのです。

それが私たちが生まれてきた理由でもあります。

私たちは生まれてきて、なにも解からずに世間の荒波にもまれて右往左往しますが、その人生で起こる出来事の一つ一つが全て、自分が調和した存在になるための試練であったとしたら。

そのように考えたら、一日一日を、起こること全部を大切に、そして自分を大切にして生きてゆかなければなりませんね。

“私”というほんの小さな存在でも、宇宙の調和という大きなプロジェクトに参加しているのであったら、周りで起きる小さな出来事に捕らわれて、心配したり恐がったり尻ごみしたりせずに、勇気を持って進んでゆかなければなりません。

過去に生きた人々がやってきたように、私たちもこれからの地球の未来に役立つように、調和を目指して “今を生きる” 義務があるのだと思います。

ワラタは、そのようなことを私たちに気づかせようとしているように私には思われます。 

ワラタのエッセンスのネガティブな面としては、“真っ暗な絶望”や“危機に瀕しているとき”と資料には書かれていますが、撰ばれたからとして、自分が今そういう状態にいるんだと思ってしまう必要はありません。

日々の中で、起きてくる出来事に対する勇気と、大丈夫だという信念と、乗り越えてやりぬく力を与えてくれます。

waratah 2

   

「フラワーエッセンス・プラクティス<実践>」は、このワラタをもって終わりにさせていただきます。
ここに書かれていない7種類のエッセンスについては、カテゴリ「フラワーエッセンスのレメディー」を参照してください。

2018_12
04
(Tue)19:47

スタートデザートローズ(肉体面) 

 依存症。
 エイズ。
 肛門。
 足首。
 頚椎。
 胸椎。
 骨折。
 骨。
 多食症。
 切り傷。
 筋腫の癒着。
 頭痛。
 ヘルペス。
 バクテリアとビールスによる炎症、化膿。
 首。
 神経損傷の痛み。
 卵巣嚢腫。
 痛み。
 早漏。
 前立腺。
 性病。
 湿疹。
 膣炎。

sdr 2
2018_12
03
(Mon)13:55

スタートデザートピー(肉体面) 

 膿瘍。

 エイズ。

 関節炎。

 喘息。

 胸椎。

 バクテリアによる炎症。

 腫れ物。

 気管支炎。

 体内の石灰化。

 癌。

 嚢胞。

 EBビールス。

 胸膜炎。

 肺炎。

 後鼻漏。

 関節リューマチ。

 結核。

sdp 2